お水で新しい生活はじめよう☆

お水のチカラ

 Home 

 

TOPICS

        

線

 

■お水基礎知識@

■お水基礎知識A

 

線

 

■水道水が危ない!?

 

線

 

■お水で健康になる

■お水でリラックス

 

線

 

■お水でエコ@

■お水でエコA

 

線

■水道水が危ない!?

水質汚染の実態

「日本の水道水は世界一安全だ」と言われてきました。

環境汚染の心配がないころの日本では、井戸水や水道水も、飲んでおいしいと感じることのできる、いわば「生きた水」でした。自然の浄化作用で、ミネラルや酸素を多く含むきれいな水を作りだすことができたからです。

しかし、現在の日本では、農薬や産業廃棄物、生活廃水といったさまざまな汚染源が増え、自然の浄化作用だけでは間に合わなくなってしまいました。若い人の間では水道離れが進み、水道水の意識も変わってきています。

生活排水や農業用水によって河川や海、地下水が汚染され、上水場ではそれを取り除くために、どんどんと塩素を投入します。水源の状態によって、投入する量も毎日変わるので、残留塩素の量も日によって違ってきます。


最近では、この残留塩素が発ガン性物質であるトリハロメタンの発生原因となることが分かりました。塩素の消毒は、上水場内で2回の行程で行われる方法が一般的なので、それだけ残留塩素の量が多いということになります。


カラコンを水道水で洗ってはいけません。塩素も危険ですが、微生物を目に入れてしまうことになるのが最も危険です。もし洗ってしまったら、あきらめて捨てましょう。毎日使用する方はカラコンの通販を利用して常にストックを用意して下さい。カラコン通販を活用しましょう。


また、農薬に関しては、「それぞれの基準をクリアすれば、総農薬数の量は検査しない」といったような検査方法の問題も挙げられます。一部の地域では、総農薬数で検査をする方法がとられていますが、対応は各上水場にゆだねられている現状では、むずかしいでしょう。


大阪府では、新しい浄水システム「高度浄化システム」を取り入れていますが、それでも、すべての問題の解決は行えていない状態のようです。
それには、担当行政が違うなどの区分の問題が、対応を遅らせているのです。そのため、各家庭での水に対する危機管理が必要になります。浄水器通販などの通販サイトで、浄水器を探してみてはいかがでしょうか。

「塩素」「鉛」「トリハロメタン」について

残留塩素とは?

浄水場での殺菌に使用した塩素や、水道水が家庭の給水管に入るまでの間に細菌などが繁殖しないようにするための塩素が残ったもののことです。この残留塩素が、水道水を安全に保つと同時に、体にとってはとても危険な物質となっているのです。

おいしくない水道水の理由

塩素が水中のアンモニアと反応し、あの嫌ななカルキ臭となります。水道水をまずくしているのは、このカルキ臭。水道水を汲み置きしておき、2〜3時間放置しておくとこの臭いは消えます。その水はその日のうちに使いましょう。

ビタミンを壊す

水道水で、野菜・米・レバーなどの食品を洗うと、ビタミンの10〜30%が損失することが、星薬科大学の分析で明らかになっています。塩素が食品の細胞に入り込み、ビタミンを壊すことが原因のようです。
キャベツの千切りを氷水などにつけるとシャキッとすることは料理のコツとして知られていますが、この方法だとどんどんとビタミンが破壊されてしまうのです。また、干し椎茸を戻す際などのつけ置きも、多くのビタミンが損なわれてしまうのです。

肌・髪が荒れる

水道水の塩素は、髪や肌のタンパク質を壊し、細胞に大きなダメージを与えます。肌の保水力や保湿力を低下させ、乾燥肌やアトピー性皮膚炎悪化の原因ともいわれます。

塩素を取り除くには

塩素の水に長時間あたらないことが大切です。

他には、塩素を取り除く浄水器やシャワーヘッドの変更などがあります。

 

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2015/4/2